すパムメール

スパムメールがけっこう来るんだよね

どこでアドレスを集めてくるのか、どうやって集めるのかとかそういう事はさておき
いわゆるエロ系のメールはときどき見ると勉強になる。

リンクオンリーのつまらんメールはどうでもいいしほんとの巣ぱむだけど
ついつい開いてしまうタイトルと、ついつい読んでしまう本文と組み合わさると
なるほど、すごいなと思うもののいくつかある。

スパム系とカテゴリされると、ほとんどは迷惑メールフィルタにかかってゴミ箱行きになるから、ほとんど目にしないのだけど、ときどき勉強の為に高速スクロールして目に止まるメールだけチェックしている。

タイトルで目を引くものは大概中身もおもしろかったりする。

実際に書いているのが、りょーこちゃんかケンジくんか、それは分からないけれど、よく訓練されたライターが書いているものもあって勉強になる。

明らかになんのカラミもないのに2000万円くれますとかいうのはどーでもいいけど、その背景もマンネリ化しているとはいえ、最初はおもしろかった。

ともかくスパムメールというのは、99%が読まれずにゴミ箱行きになるから、タイトルが命だ。

タイトルさえキャッチーなら、中身はどーでもいい。極論から言うとそうなる。まず開かせれば、ゴミ箱行きのライバル達の100歩前にいけることはまちがいない。

中身はどーでもいいと言ったが、実は中身も最初の1行は重要だ。

メールは開いても0.2秒で閉じられる。どっかのブログに0.2秒で恋に落ちる研究の話が書かれていたけれども、メールも同じ(メールとメルマガは違うものデス)で、0.2秒で内容が判別される。

この与えられた0.2秒を最大限に活用できてこそ、次に読みすすんでもらえ、リンクをクリックしてくれ、商品を購入してくれるのだ。

スパムメールにはそのための仕掛けがたくさんほどこされているモノが少なくない。

スパムメールも覗いてみると意外と面白い。

一応お断りしておくが、スパムかどうかは受け取り手の判断で、例え100人が有用だと思っても、その人がスパムだと思えばその人にとってはスパムだ。

くれぐれも深入りして困った事にならないように。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ